英語を話す練習は英文を朗読するのが一番!

投稿者: | 2016年9月9日

「英語を使えるようになりたい。」この記事を読んでくださっている皆さんの中には、こうお考えになっている方が多いのではないでしょうか。英語の技能は、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つに分かれています。まず、英語の文章を読めるようになるには、やさしいレベルの洋書からのスタートで構わないので、ひたすら読破を目指す方法があります。英語の文章を書けるようになるには、日記を英語で書く習慣を始めるのがおススメです。また、英語を聞くことができるようになるには、英語のリスニング教材を用いる、或いは、映画やドラマを字幕版で観る方法があります。

しかし、英語を話せるようになるには、どうすればいいのでしょうか。ネイティブスピーカー、或いは、英語を流暢に話せる日本人の知り合いを相手に、会話の練習ができたらいいのですが、そんな人脈に恵まれている日本人は、残念ながらあまりいません。英会話学校に通うのは、悪くないとは思うのですが、学費が高いことを考えると…。

では、どうしたらいいのでしょうか。私がおススメするのは、英文を朗読する方法、つまり、英文を声に出して読む方法です。これを行うのは、勿論、自宅で一人でいる時で構いません。通勤や通学の途中で英文を声に出して読んだら、周囲の人たちに注目されてしまいますからね。実際に読む英文の長さは、無理のない、短いもので大丈夫です。学生の方であれば、英語の教科書に掲載されている会話文を繰り返し声に出して読むだけで構いません。社会人の方の場合は、書店で販売されているNHKの各英語学習番組の月刊テキストを購入し、繰り返し声に出して読みます。

こうして、繰り返し、自分の口に同じ動きをさせていくことで、英語が自然と口をついて出てくるようになりますよ。英語を話す練習ができなくてお困りの皆さん、ぜひトライしてくださいね。